坐骨神経痛(お尻の付近の肌に近いところが痛むでしょう)で通院治療を受けている方はご存知だと思いますが、殆どの場合、これといった確実な治療法というのはなく、対症療法的に痛みが出ないような治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)が行われいるかもしれませんね。症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)があまりにもひどい場合には、手術などで完治を目指すケースもあるかもしれませんね。一般的には、姿勢の改善などといった生活(変わらないことの繭り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)指導や痛みどめ・マッサージ・温熱療法・赤外線・電気治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)・レーザー治療(様々な用途で使用されていますが、がんの治療でも用いられています)などが行われます。でも、完治する為には、原因そのものを取り除かなければなりません。そういった意味で、鍼治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)やお灸などに通ったり、整体やカイロプラクティックに通ったりする人も多く、同じ考え方から漢方薬(服用の仕方によっては、体に害を及ぼすこともあるでしょう)を利用する方も?多くいるでしょうね。ごぞんじみたいに、漢方薬は痛みどめなどとは違って、即効性や劇的なヒーリング効果などはないでしょう。もともと漢方薬(主な原料は植物の根や葉、樹皮などです)は、人間の自然治癒力(お風呂に入る、体を締め付けないようにすることも向上につながるといわれています)を取り戻したり、高めたりするような働きを持つになりますよね。坐骨神経痛によいとされる漢方薬(服用の仕方によっては、体に害を及ぼすこともあるでしょう)も、坐骨神経痛(急性期には、マッサージや針治療などは行わない方がいいかもしれません)そのものに効果のあるようなものではなくて、補助的に働くものだといえるでしょう。牛車腎気丸(ごじゃじんきがん)は冷えやむくみ(顔や足に起こることが多く、痛みはありません)に効果がある漢方で、高齢者の機能低下を抑制する働きが坐骨神経痛(?の下の方が痛む時には、疑ってみた方がいいかもしれませんね)への効果として期待されているのです。疎経活血湯(そけいかっけつとう)は血行を促し、坐骨神経痛(お尻の付近の肌に近いところが痛むでしょう)や筋肉痛(すぐに痛みが生じるものは、「肉離れ」と呼ねれます)などを軽減させる働きがあるのです。当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は身体を温める働きがあり、それにより痛みを軽減するというもの。桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)も血行を促進して、打ち身や打撲症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)にも効果が期待できると思いますー